コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

短絡試験 タンラクシケン

デジタル大辞泉の解説

たんらく‐しけん【短絡試験】

電気機器の性能故障有無、諸特性を調べるために、回路を短絡させて行う検査

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たんらくしけん【短絡試験】

電気機器の諸特性を求めるために、短絡状態にして行う試験。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の短絡試験の言及

【短絡】より

…短絡を積極的に利用することもある。例えば発電機,変圧器などの試験に際し,実負荷をかけるかわりに出力端子を短絡し,発生電圧や入力電圧を下げて定格電流を流す試験法を短絡試験といい,手軽に必要とする大電流が得られるため,広く用いられる。雷や開閉サージなどによる高電圧が電線を通じて機器に侵入し,機器の破壊をもたらすことがあるが,機器を守る目的で避雷器などとともに,電源側端子間をサイリスタースイッチなどで短絡する保護方式を用いることもある。…

※「短絡試験」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

短絡試験の関連キーワード短絡発電機試験

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android