矯正視力(読み)キョウセイシリョク

精選版 日本国語大辞典の解説

きょうせい‐しりょく ケウセイ‥【矯正視力】

〘名〙 裸眼(らがん)による視力が弱いため、眼鏡やコンタクトレンズで矯正された視力。
国民年金法(1959)別表・備考「屈折異常があるものについては、矯正視力によって測定する」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の矯正視力の言及

【視力】より

…また左右の視力に大きな差がない場合は両眼の同時視力による累加現象として約10%強,視力が上昇する。 視力は,眼鏡その他の矯正手段によらない裸眼視力と,眼鏡あるいはコンタクトレンズなどを装用して得た最良視力すなわち矯正視力とがあるが,単に裸眼視力だけでは視力の良否は判断できない。
[近見視力]
 遠見視力には検査の対象となる眼の調節をできるかぎり休止させた状態が必要であり,この矯正状態で屈折異常が測定できる。…

※「矯正視力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

矯正視力の関連情報