石井 花子(読み)イシイ ハナコ

20世紀日本人名事典の解説

石井 花子
イシイ ハナコ

昭和・平成期の女性 ゾルゲの愛人。



生年
明治44(1911)年5月13日

没年
平成12(2000)年7月1日

出生地
岡山県倉敷市

学歴〔年〕
看護学校卒

経歴
岡山の看護学校卒業後、上京。昭和10年銀座にあったドイツ人経営の酒場・ラインゴールドでウエイトレスをしている時“ゾルゲ事件”の中心人物リヒアルト・ゾルゲと出会い、半年後恋愛関係に。以後、16年10月16日ゾルゲ検挙の日まで、日本人妻として6年間暮す。ゾルゲは19年11月7日に巣鴨拘置所で処刑され、戦後その遺骨の発見に奔走する。回想録「愛のすべてを―人間ゾルゲ」を24年出版、その印税で多磨霊園にゾルゲの墓を作った。平成3年ゾルゲ事件50周年記念集会の準備に協力した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android