コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多磨霊園 たまれいえん

3件 の用語解説(多磨霊園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多磨霊園
たまれいえん

東京都西部,府中市から小金井市にまたがる都営の墓地。面積 1.33km2。 1923年に開園。墓域は3区に分けられ,南東端正門内の広場を中心に各区に通じる道路が放射状に設けられ,庭園風に設計された近代的公園式墓地である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たま‐れいえん〔‐レイヱン〕【多磨霊園】

東京都府中市にある霊園。旧称、多磨墓地。大正12年(1923)開園。面積約128万平方メートル東郷平八郎山本五十六三島由紀夫江戸川乱歩岡本太郎など、著名人の墓が多い。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多磨霊園
たまれいえん

東京都府中市北部から小金井(こがねい)市にまたがる都営墓地。武蔵野(むさしの)台地にあり、雑木林とアカマツに囲まれ、武蔵野のおもかげを残している。面積128万平方メートル。墓所区域は26区画に分かれ、約26万人が埋葬されている。1923年(大正12)開園したもので、日本最初の公園墓地として計画され、中央の広場を中心に放射状に環状路が取り巻き、整然とした近代的施設となっている。田山花袋(かたい)、三島由紀夫(ゆきお)、岡本かの子、北原白秋、菊池寛、吉川英治、野村胡堂(こどう)らの文人、徳富猪一郎(とくとみいいちろう)(蘇峰(そほう))、内村鑑三(かんぞう)、新渡戸稲造(にとべいなぞう)、小泉信三らの学者、川合玉堂(かわいぎょくどう)、中山晋平(しんぺい)、下村観山(しもむらかんざん)らの芸術家、東郷平八郎(とうごうへいはちろう)、山本五十六(いそろく)らの軍人、西園寺公望(さいおんじきんもち)、平沼騏一郎(きいちろう)、浅沼稲次郎(いねじろう)らの政治家など知名人の墓が多い。[沢田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の多磨霊園の言及

【墓地】より

…谷中霊園は谷中の天王寺(旧,感応寺)の境内を利用し,五重塔で知られ,雑司ヶ谷霊園は樹木が豊かで好評であった。しかし,東京の発展により,さらに墓地の需要が高まったため,大正12年(1923)4月,東京市は市外西郊の府中に画期的に大規模な公園墓地,多磨霊園を設置した。面積133万m2,東南隅の正門内の広場から環状道路と放射状道路で3区に分かれた墓域に通ずるようにした。…

※「多磨霊園」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

多磨霊園の関連情報