コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川疇之丞 いしかわ うねのじょう

1件 の用語解説(石川疇之丞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川疇之丞 いしかわ-うねのじょう

?-? 江戸時代後期の武士。
幕臣。天保(てんぽう)2年(1831)養家をついで小普請(こぶしん)にはいる。渋川敬直(ひろなお)を介して町奉行鳥居耀蔵(ようぞう)にくみし,天保の改革の際の対抗勢力遠山景元らの失脚をはかって内偵活動に従事。秘密がもれるのをおそれた鳥居に甲府勝手を命ぜられたため鳥居の企みを告発,鳥居は罷免され,自身も弘化(こうか)2年(1845)禄(ろく)をめしあげられた。本姓は露村。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

石川疇之丞の関連キーワード稲村三羽梶野良材弥生庵雛丸阿部正信榊原忠之鈴木春波鈴木宗休土岐朝旨松平近直竜眠

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone