コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渋川敬直 しぶかわ ひろなお

2件 の用語解説(渋川敬直の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渋川敬直 しぶかわ-ひろなお

1815-1851 江戸時代後期の暦算家。
文化12年生まれ。渋川景佑(かげすけ)の長男。天保(てんぽう)2年幕府の天文方見習となり,父をたすけ「新法暦書」などを編集。13年から書物奉行をかねる。鳥居耀蔵(ようぞう),後藤三右衛門とともに水野忠邦天保の改革をすすめるが,忠邦の失脚により豊後(ぶんご)(大分県)臼杵(うすき)藩に幽閉となる。嘉永(かえい)4年7月25日臼杵で死去。37歳。江戸出身。通称は六蔵。号は福堂。著作に「英文鑑」「見はてぬ夢」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

渋川敬直

没年:嘉永4.7.25(1851.8.21)
生年:文化12(1815)
江戸後期の暦学者。渋川景佑の長男。六蔵と称し天文方見習の身分のまま書物奉行となり,切米200俵を受けた。天文方の俸給がふつう100俵高のときであったから才気,手腕のほどがわかる。蘭学や英語に通じ天保11(1840)年『英文鑑』を訳述した。その才気を買う老中水野忠邦の諮問に応じ蘭学取り締まりの意見書を幕府に上申したり,オランダ国王の書簡を翻訳などしていたが,その間に知り得た国家機密を漏らしたとして忠邦の失脚とともに弘化2(1845)年江戸町奉行鳥居耀蔵らとお咎めをうけ,臼杵藩主稲葉観通にお預けとなり幽閉の身のまま臼杵で没した。

(内田正男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

渋川敬直の関連キーワード西村正邦渋川景佑小野光右衛門甲斐隆義片山金弥窪田善之小出兼政渋川則休渋川六蔵村田恒光

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone