石弓・弩(読み)いしゆみ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 中国古代の武器で、手で引いて射る弓に対し、一種の機械仕掛けの弓。ばねを使って矢や石などを発射し、遠距離を攻撃する大型のはじき弓。弩(ど)。おおゆみ。
※浄瑠璃・国性爺合戦(1715)三「矢狭間(やざま)にいしゆみすきまなく」
② 城壁やがけの上に石をくくりつけておき、敵の近づくのを待って綱を切り、石を落として敵を圧殺する装置。いしはじき。
※平家(13C前)二「城の内より石弓はづしかけたりければ、大衆官軍かずをつくいてうたれにけり」
③ 股状の小枝にゴム紐を張り、小石をはじき飛ばして小鳥などをとる道具。ぱちんこ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android