コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石油採取 せきゆさいしゅoil production

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石油採取
せきゆさいしゅ
oil production

油層から原油を採取すること。通常,1次,2次,3次と分ける。1次回収では,原油をそれ自身の圧力のみで自噴させるか,ポンプあるいは坑井内にガスを送って採取する。2次および3次回収では,油層に何らかの排油エネルギーを人工的に与える。これを増進回収法 (EOR) という。最も一般的な増進回収法は,水を圧入する水攻法である。その他の方法としては,水蒸気や空気を送る熱攻法,天然ガスや二酸化炭素を送るミシブル攻法,界面活性剤溶液・ポリマー溶液・アルカリ溶液を送るケミカル攻法がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

石油採取の関連キーワードオクチャーブリスキーニコライ バイバコフオクチャブリスキーチェチェン共和国ウドムルト共和国タタールスタンチェルニゴフ州ドロゴブイチスームイ州アクトベ州パタゴニアザフラーンネビトダグ地盤沈下エラブガフエゴ島バクー綱掘り

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android