コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石油火災 せきゆかさいoil fire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石油火災
せきゆかさい
oil fire

石油の火災は油面上でその蒸気が空気と混合して燃焼する。これを液面燃焼という。石油蒸気は石油の種類に応じた特定の濃度範囲にある場合にのみ燃焼する。たとえばガソリンは約 1.3~10.0%,灯油は約 1.1~6.0%,ベンゼンは 2.6~7.9%など。燃焼範囲の広いものほど危険である。容器中の石油が燃焼する場合,燃焼によって油面は時間とともに低下する。これを燃焼速度といい毎分のミリ数で表わす。直径 1m以上の容器における燃焼速度は,ガソリン 4.8,灯油 4.0,重油 1.7,ベンゼン 6.0mm毎分など。燃焼時の火炎温度は,ガソリン 1250℃,灯油 1210℃,重油 1150℃,ベンゼン 1190℃程度。水面に流出した石油は広い範囲に広がるが,これに着火すると石油の流出速度に見合った広さで燃焼し,それ以上には広がらない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石油火災の関連情報