コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石黒直悳(読み)いしぐろただのり

大辞林 第三版の解説

いしぐろただのり【石黒直悳】

1845~1941) 医学者・軍医。陸奥むつ国伊達だての生まれ。陸軍軍医総監・陸軍省医務局長となり、日本の陸軍軍医制度の基礎を築いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

石黒直悳【いしぐろただのり】

医学者。福島県出身。軍医,医事制度の基礎を築いた。1865年江戸幕府医学所入所。軍医として1874年の佐賀の乱,1877年の西南戦争に従軍。1890年陸軍軍医総監となり陸軍省医務局長を兼任。軍医学校校長にも就き,ドイツの医療制度の調査,日清戦争では野戦衛生長官を務めた。1902年貴族院勅選議員,1920年子爵。著書は《石黒直悳懐旧九十年》など多数。
→関連項目荻野吟子

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android