コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荻野吟子 オギノギンコ

7件 の用語解説(荻野吟子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おぎの‐ぎんこ〔をぎの‐〕【荻野吟子】

[1851~1913]医師・婦人運動家。武蔵の生まれ。明治18年(1885)医術開業試験に合格、近代日本の最初の女性医師となる。基督(キリスト)教婦人矯風(きょうふう)会風俗部長、大日本婦人衛生会幹事など社会運動にも従事した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

荻野吟子【おぎのぎんこ】

日本近代の女医1号。埼玉県出身。クリスチャン。病気(淋病)になって離婚し,闘病のなかで女医の必要性を痛感。1873年漢方医井上来頼圀に入門,東京女子師範学校を経て,石黒直悳(ただのり)の尽力で私立医学校好寿院に入学し1882年卒業。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荻野吟子 おぎの-ぎんこ

1851-1913 明治時代の医師。
嘉永(かえい)4年3月3日生まれ。16歳で結婚し,2年後病気になり離婚。闘病体験から女医の必要性を痛感し,明治18年女性では日本最初の医師の資格をえて,東京湯島で開業。翌年洗礼をうける。23年牧師志方之善と再婚,北海道瀬棚村で開業し,伝道もおこなう。夫の死後ふたたび東京で医院をひらいた。大正2年6月23日死去。63歳。武蔵(むさし)大里郡(埼玉県)出身。好寿院卒。
【格言など】医は女子に適せり。啻(ただ)に適すというのみにあらず。寧ろ女子特有の天職なり

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

荻野吟子

没年:大正2.6.23(1913)
生年:嘉永4.3.3(1851.4.4)
明治時代の医者,婦人運動家。日本の近代女性医師の第1号。武蔵国大里郡泰村(埼玉県妻沼町)の代々庄屋を務めた旧家の生まれ。16歳で結婚。夫に淋病をうつされ(異説もある),離婚される。その受療の体験から医を志した。東京女子師範学校(1期生)を経て,東京下谷の好寿院で医学を学んだが,当初内務省の医術開業試験受験を前例がないとの理由で拒否された。当時の内務省衛生局長長与専斎らの尽力もあって,明治18(1885)年に合格し,医籍に登録された最初の女性となった。東京湯島で開業。23年牧師の志方之善と再婚し,27年夫と共に北海道に渡り,瀬棚郡瀬棚村で開業。開拓事業にいどむが,38年夫が死去。41年東京に戻り江東新小梅町で開業したが,晩年は不遇であった。基督教婦人矯風会風俗部長,大日本婦人衛生会幹事,明治女学校教師兼校医などを歴任。その幅広い活動はアメリカ最初の女医エリザベスブラックウェルと通じるものがある。瀬棚町と妻沼町に碑がある。<参考文献>北海道医師会医政史編纂委員会編『荻野吟子

(長門谷洋治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おぎのぎんこ【荻野吟子】

1851‐1913(嘉永4‐大正2)
日本近代女医の草分け。婦人運動にも関与し婦人の地位向上に寄与した。埼玉県出身。自分が病気(淋病)になったときの体験から女性の医者の必要性を痛感し,女医になることを決心したが,先例がないため苦難の道をあゆんだ。東京の皇漢医井上頼圀の門を経て,東京女子師範学校に入学,1879年石黒忠悳(ただのり)の口ききにより東京下谷にある私立医学校好寿院(高階経徳)に入り82年これを終えたが,内務省の医術開業試験受験を拒否される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おぎのぎんこ【荻野吟子】

1851~1913) 医師。武蔵国の人。1885年(明治18)医術開業試験に合格し女性の第一号医籍登録者となる。婦人運動にも参加、婦人の地位向上に努めた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荻野吟子
おぎのぎんこ
(1851―1913)

近代日本最初の公認女性医師。女性運動にも携わって女性の地位向上に努めた。埼玉県生まれ。最初の結婚で夫から淋病(りんびょう)を移され、東京の順天堂医院に受診した。その際、異性に診察されることに抵抗を感じ、医師になる決心をしたが、先例がなく、苦難の道を歩んだ。石黒忠悳(いしぐろただのり)、長与専斎(ながよせんさい)らの理解により、1885年(明治18)医術開業試験の後期試験に合格、日本における女性の第一号医籍登録者となった。東京で開業ののち、2番目の夫の志方之善(しかたゆきよし)(1863/1864―1905)とともに北海道に渡り(1894)、瀬棚(せたな)郡瀬棚(現、久遠(くどお)郡せたな町)で開業した。
 のち夫の死去により、1908年(明治41)にふたたび東京に移り、医業に従事した。この間、日本キリスト教婦人矯風会(きょうふうかい)風俗部長をはじめ、大日本婦人衛生会幹事、明治女学校教師兼校医などを歴任し、瀬棚でも婦人会を組織した。生地の埼玉県熊谷(くまがや)市およびせたな町に顕彰碑がある。[長門谷洋治]
『荻野吟子女史顕彰碑建設期成会編『荻野吟子』(1967・瀬棚町) ▽渡辺淳一著『花埋み』(1970・河出書房新社/集英社文庫) ▽奈良原春作著『荻野吟子――実録 日本の女医第一号』(1984・国書刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荻野吟子の関連キーワード婦人運動加藤シヅエ金玉医者小口みち子坂本真琴佐々城豊寿竹越竹代星かつゑ横田亀代米山久子

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

荻野吟子の関連情報