砂を掴む(読み)すなをつかむ

精選版 日本国語大辞典「砂を掴む」の解説

すな【砂】 を 掴(つか)

相撲で、勝負に負ける。土がつく。また、相撲以外で失敗することもいう。
※滑稽本・口豆飯茶番楽屋(1816)下「しょせんもない夕霧伊左衛門のこんたんで、旦那おもひの馬がはたらき、忠しんかえって不忠心、あすの茶番は見事に砂(スナ)をつかむはヱ」
歌舞伎有松染相撲浴衣(有馬猫騒動)(1880)三幕「いつの場所でも一日も砂(スナ)を掴(ツカ)まぬこなたといひ、浅間屋敷は申すに及ばず市中一般今日の相撲は、こなたのものと噂をすれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android