夕霧伊左衛門(読み)ゆうぎりいざえもん

日本大百科全書(ニッポニカ)「夕霧伊左衛門」の解説

夕霧伊左衛門
ゆうぎりいざえもん

歌舞伎(かぶき)、浄瑠璃(じょうるり)、音曲(おんぎょく)などの登場人物。大坂新町(しんまち)の遊女扇屋(おうぎや)夕霧と豪商藤屋(ふじや)の若旦那(だんな)伊左衛門のコンビをいう。夕霧は実在の名妓(めいぎ)で、1678年(延宝6)1月6日、27歳で病没。伊左衛門の実説はさだかでないが、夕霧の死を悼んで翌月大坂で上演された『夕霧名残(なごり)の正月』をはじめ、数々の追善劇に恋人として扱われ、その後も多くの「夕霧伊左衛門物」を生み出した。人形浄瑠璃では近松門左衛門の『夕霧阿波(あわ)の鳴渡(なると)』(1712)が代表作。歌舞伎では伊左衛門の演技が和事(わごと)、とくに「やつし事」の典型として洗練され、その完成された形が近松の『阿波の鳴渡』を改作した『廓文章(くるわぶんしょう)』となり、人気狂言になった。

[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「夕霧伊左衛門」の解説

ゆうぎり‐いざえもん ゆふぎりイザヱモン【夕霧伊左衛門】

浄瑠璃・歌舞伎に登場する男女の名。大坂の名妓夕霧とその愛人藤屋伊左衛門。また、その情話を扱った浄瑠璃・歌舞伎脚本の系統の称。歌舞伎「夕霧名残の正月」(延宝六年大坂荒木与次兵衛座初演)、同「夕霧七年忌」、浄瑠璃「夕霧阿波鳴渡」「廓文章」などがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「夕霧伊左衛門」の解説

ゆうぎり‐いざえもん〔ゆふぎりイザヱモン〕【夕霧伊左衛門】

遊女夕霧とその愛人藤屋伊左衛門。また、二人の情話を扱った歌舞伎浄瑠璃などの一系統。歌舞伎「夕霧名残の正月」、浄瑠璃「夕霧阿波鳴渡」「傾城阿波の鳴門」「廓文章」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「夕霧伊左衛門」の解説

夕霧伊左衛門
(通称)
ゆうぎり いざえもん

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
夕霧阿波の鳴渡 など
初演
明和8.1(江戸・森田座)

夕霧伊左衛門
ゆうぎり いざえもん

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
補作者
渡辺霞亭
初演
享保9.9(大坂・松島座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

百科事典マイペディア「夕霧伊左衛門」の解説

夕霧伊左衛門【ゆうぎりいざえもん】

吉田屋

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android