あす

  • あ・す

精選版 日本国語大辞典の解説

〘他サ下二〙 (子を)産ませる。
※山田本無量義経平安中期点(1000頃)「諸仏の国王、是の経の夫人と和合して、共に是の菩薩のみ子を生(アセマセ)り」
〘助動〙
[一] (助動詞「ます」の変化した語か) 動詞の連用形に付いて、軽いていねいの心持を表わす。
※浄瑠璃・傾城二河白道(1705頃か)中「又きのふもお前のるすにひょこひょこときめして〈略〉ぶつくさいうて帰りあした」
[二] (「あります」または「ござります」の変化した語か) 断定の助動詞の連用形「で」を受けて、軽いていねいの心持を表わす。
※俳諧・花月六百韻(1719)月「時去り時来りけり家具の音〈丈雪〉 籟つくさせて御無用であす〈梅隴〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あすの関連情報