砂引草(読み)スナビキソウ

デジタル大辞泉の解説

すなびき‐そう〔‐サウ〕【砂引草】

ムラサキ科の多年草海辺砂地に生え、高さ30~50センチ。地下茎を伸ばしてふえる。葉は狭長楕円形で、密に互生する。夏、香りのある白い5弁花が密集して咲く。はまむらさき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すなびきそう【砂引草】

ムラサキ科の多年草。海岸の砂地に自生。長い根茎が砂中をはう。茎は高さ30センチメートル 内外で、狭長楕円形の葉を密に互生。夏、枝先に香りのある五弁の白色花を多数つける。浜紫はまむらさき

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android