コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂引草 スナビキソウ

デジタル大辞泉の解説

すなびき‐そう〔‐サウ〕【砂引草】

ムラサキ科の多年草海辺砂地に生え、高さ30~50センチ。地下茎を伸ばしてふえる。葉は狭長楕円形で、密に互生する。夏、香りのある白い5弁花が密集して咲く。はまむらさき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すなびきそう【砂引草】

ムラサキ科の多年草。海岸の砂地に自生。長い根茎が砂中をはう。茎は高さ30センチメートル 内外で、狭長楕円形の葉を密に互生。夏、枝先に香りのある五弁の白色花を多数つける。浜紫はまむらさき

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

砂引草 (スナビキソウ)

学名:Messerschmidia sibirica
植物。ムラサキ科の多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

砂引草の関連キーワード海岸内外砂中自生

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android