コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂波 さはsand wave

岩石学辞典の解説

砂波

指向性堆積構造で,河床物質特に砂粒が流れによって移動し,河床上に形成するほぼ波形の峰で,峰の方向は普通は流れの方向にほぼ直角である.実際には大きなリップルや数mの長さをもつ構造に対して使われる傾向がある[Lane : 1947].リップルは小規模な砂波.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

砂波の関連キーワード後退サンドウェーブ盆景

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android