砂糖鳥(読み)サトウチョウ

精選版 日本国語大辞典の解説

さとう‐ちょう サタウテウ【砂糖鳥】

〘名〙 オウム科の鳥の一属の総称。全長一〇~一六センチメートル。尾は非常に小さい。体は全体に緑色で、赤、黄、青などの模様がある。頭を下にさかさまに枝からぶら下がって休む習性がある。ズアカサトウチョウ、シュバサトウチョウ、(マレー)サトウチョウなど一〇種が、ニューギニアを含む熱帯アジアに分布する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる