コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

研究兼業

1件 の用語解説(研究兼業の意味・用語解説を検索)

産学連携キーワード辞典の解説

研究兼業

研究兼業」とは大学の教員などが民間企業で報酬を得て、研究開発、技術指導を行うこと。国立大学の教員は、国家公務員法第104条により、原則的に営利企業での業務従事などは禁止されているが、平成9年4月より産学連携の目的により所轄庁の長(文部科学大臣)の承認を得ることで研究開発及び技術指導を行う「研究兼業」が可能になった。

出典|(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

研究兼業の関連キーワード民間債寄付研究部門共同研究(民間との共同研究)研究成果最適移転事業コンソーシア(コンソーシアム)産業技術強化法奨学寄付金奨励研究大学発ベンチャーTLO法(大学等技術移転法)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone