コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

破手組/端手組 ハデグミ

デジタル大辞泉の解説

はで‐ぐみ【破手組/端手組】

三味線組歌の一種。本手(ほんて)組に対して、新しい曲風で作られた楽曲群。慶安(1648~1652)のころに柳川検校(やながわけんぎょう)あるいは虎沢検校が作曲したものという。柳川流・野川流ともに「待つにござれ」など7曲からなるが、曲目が少し異なる。⇔本手組

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の破手組/端手組の言及

【三味線組歌】より

… 盲人音楽家の間に,芸術的伝承曲として伝えられるにいたって,さまざまな増補・編曲が行われるようになった。京都において,その伝承体系を確立させたのは柳川検校であって,みずから破手組その他の楽曲の作曲も行い,それ以前の古曲のみを本手組と称した。柳川の体系づけたものは,その後の伝承において,柳川流と称せられ,その詞章は《松の葉》(1703)に収録された。…

※「破手組/端手組」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

破手組/端手組の関連キーワード破手・端手三味線組歌三味線本手佐山検校段合せほそりチラシ片撥破手

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android