コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野川流 のがわりゅう

3件 の用語解説(野川流の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野川流
のがわりゅう

地歌の流儀名。京都の柳川流に対する流れで,大坂の野川検校 (?~1717) を祖とする芸系で,東京,大阪,九州などのほとんどの地歌がこの流儀。野川は従来の柳川検校以来の伝承を編曲,編成替えし,免許組織上でもいささか異なるものに改変した 32曲を制定し,その伝承を伝えることによって野川流が成立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

のがわ‐りゅう〔のがはリウ〕【野川流】

地歌の流派の一。大坂の野川検校(けんぎょう)が、京都の柳川流から独立して元禄(1688~1704)ごろに創始。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

のがわりゅう【野川流】

地歌の流派の一。一七世紀末ごろに柳川流の分派として野川検校が大坂で開流。大坂を中心に多くの筋(支流)を生じ、関西・中国・中京・九州の諸地域に広く普及した。現行の地歌の諸系統は、京都の柳川流を除いて、大部分が野川流に属する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の野川流の言及

【地歌】より

…とくに柳川が〈カタバチ(片撥)〉(撥を弦にあてて胴皮におろす普通の弾き方とスクイ撥が交互になるモロバチが本手には用いられたが,これに対して普通の弾き方のみが連続する)の奏法によって新作したものを〈破(端・葉)手(はで)〉と称してから,それ以前のものを,狭義の〈本手組〉(表組)と称した。元禄期(1688‐1704)には,京都では早崎(はやさき)勾当(?‐1717),大坂では野川検校を中心に異なる伝承体系を生じ,前者を早崎流ないし柳川流,後者を野川流と称した。現在では,京都の伝承は6曲ほどのみであるが,大阪では32曲のすべてが伝承され,表組,破手組,裏組,中組,奥組に分類される。…

【三味線組歌】より

…柳川の体系づけたものは,その後の伝承において,柳川流と称せられ,その詞章は《松の葉》(1703)に収録された。 一方,大坂において異なる伝承体系も生まれ,その確立者は野川検校とされ,その後の伝承を野川流と称した。盲人音楽家の扱う三味線歌曲を地歌と称するようになるとともに,三味線組歌は,地歌音楽家の職業的伝承上の規範曲とされ,地歌そのものの流儀名の一つとして,野川流ともいうようになった。…

【野川検校】より

…妙観派。朝妻かう一検校(?‐1690)から三味線本手の伝承を受けたとされるが,大坂における伝承の祖とされ,京都の早崎流ないし柳川流に対して野川流を称す。本手のみならず,長歌の作曲においても特異性を発揮したらしく,《若緑》(1706)は,とくに野川作曲の長歌を収録するために刊行されたが,収録曲中の該当曲は不明。…

※「野川流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

野川流の関連キーワード水法柳川流野川検校当流乱泥流クヌーセンの流れストークスの流れの関数ブラジウスの流れレイリーの流れ早崎検校(1)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野川流の関連情報