コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳川流 やながわりゅう

3件 の用語解説(柳川流の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柳川流
やながわりゅう

三味線組歌流儀名。箏の八橋検校に対して三弦の名手として知られた柳川検校 (?~1680) が,石村,虎沢,山井検校と伝えられてきた三味線組歌の名人であったために柳川流といわれるようになったと『糸竹初心集』にいわれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

やながわりゅう【柳川流】

地歌の流派の一。流祖は柳川検校。後に派生した野川流とともに地歌界を二分しているが、分布は野川流より狭く、京都中心にのみ伝承されている。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の柳川流の言及

【地歌】より

…とくに柳川が〈カタバチ(片撥)〉(撥を弦にあてて胴皮におろす普通の弾き方とスクイ撥が交互になるモロバチが本手には用いられたが,これに対して普通の弾き方のみが連続する)の奏法によって新作したものを〈破(端・葉)手(はで)〉と称してから,それ以前のものを,狭義の〈本手組〉(表組)と称した。元禄期(1688‐1704)には,京都では早崎(はやさき)勾当(?‐1717),大坂では野川検校を中心に異なる伝承体系を生じ,前者を早崎流ないし柳川流,後者を野川流と称した。現在では,京都の伝承は6曲ほどのみであるが,大阪では32曲のすべてが伝承され,表組,破手組,裏組,中組,奥組に分類される。…

【三味線組歌】より

…京都において,その伝承体系を確立させたのは柳川検校であって,みずから破手組その他の楽曲の作曲も行い,それ以前の古曲のみを本手組と称した。柳川の体系づけたものは,その後の伝承において,柳川流と称せられ,その詞章は《松の葉》(1703)に収録された。 一方,大坂において異なる伝承体系も生まれ,その確立者は野川検校とされ,その後の伝承を野川流と称した。…

【柳川検校】より

…盲人音楽家。地歌三味線柳川流の祖。都名(いちな)は応一。…

※「柳川流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone