コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳川検校 やながわけんぎょう

7件 の用語解説(柳川検校の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柳川検校
やながわけんぎょう

[生]?
[没]延宝8 (1680).7.11.
江戸時代初期の盲人音楽家三味線組歌(→三味線本手柳川流の祖。都名(いちな)は応一。三味線音楽の始祖石村検校の弟子とする説と,石村の弟子山井検校の弟子とする説とがある。藤本箕山著『色道大鏡』(1678)によれば,寛永年間(1624~44)の初め頃,大坂で加賀都(かがのいち)を名のり,城秀(のちの近世箏曲の開祖八橋検校)とともに三味線の名人として活躍していたという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やながわ‐けんぎょう〔やながはケンゲウ〕【柳川検校】

[?~1680]江戸前期の地歌の演奏家・作曲家。柳川流の創始者。大坂の人。地歌三味線の名手として京都で活躍。三味線組歌の破手(はで)組を作曲したといわれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

柳川検校【やながわけんぎょう】

地歌三味線演奏家,作曲家。柳川流の始祖。1639年検校となる。名は応一。地歌の最古の曲種〈三味線組歌〉の大成者で,《待にござれ》《葛の葉》など20曲余りを作曲,石村検校虎沢検校作曲の組歌を改訂して今日の京都に伝わる柳川流の伝承の基礎を築いた。
→関連項目破手

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳川検校 やながわけんぎょう

?-1680 江戸時代前期の地歌三味線奏者,作曲家。
柳川流の祖。石村検校または山野井検校の門人。大坂で城秀(八橋(やつはし)検校)とともに名人といわれた。寛永16年検校。三味線組歌表組(本手)にくわえて端手(はで)組,裏組,秘曲各7曲を作曲。延宝8年7月11日死去。名は加賀都(かがのいち),のち応一。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

柳川検校

没年:延宝8.7.11(1680.8.5)
生年:生年不詳
江戸前期の三弦家,柳川流の始祖。初名加賀都。寛永16(1639)年12月4日検校となって柳川検校応一を名乗る。寛永(1624~44)のはじめごろ,城秀(のち八橋検校)と共に大坂で三弦家として活躍。その後,京都でも天下一の名人として名を馳せた。『糸竹初心集』(1664)には「色あひ撥のしなやかなる事,中々凡人のわざとはおぼえず」と評される。三味線の日本伝来とともに成立した芸術的歌曲(三味線組歌)の本手組(「琉球組」以下7曲)を編曲。「待つにござれ」以下7曲の端手組と「賤」以下7曲の裏組,「揺上」以下7曲の秘曲の計21曲を作曲。その後の京都に伝えられた柳川流の伝承体系を確立した。その伝承に基づく歌詞は,没後刊行された『松の葉』(1703)に収録。組歌以外の作品もある。<参考文献>平野健次『三味線と箏の組歌』

(谷垣内和子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

やながわけんぎょう【柳川検校】

盲人音楽家。地歌三味線柳川流の祖。都名(いちな)は応一。初名は加賀都(かがのいち)。寛永(1624‐44)の初年,大坂にて後の八橋検校とともに三味線を弾く。1639年藤下いさ一検校のもとで検校となる。三味線組歌の破手組その他の曲を作曲,古来の本手組を編曲して,後の京都の柳川流の伝承体系を確立。没後,1703年(元禄16)に刊行された《松の葉》には,浅利検校を経て早崎検校に伝承されたものが収録された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

やながわけんぎょう【柳川検校】

?~1680) 地歌の柳川流の祖。名は加賀都かがのいち。一七世紀中頃に京坂で活躍し、三味線で八橋検校と並ぶ名手と呼ばれた。破手組の各曲の作曲者とされる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の柳川検校の言及

【地歌】より

…これを,〈三味線本手〉ないし〈本手〉と称したが,のちには〈三味線組歌〉などとも称した。その中でも最古典曲は,石村検校作曲とされる《琉球組》であるが,虎沢検校を経て柳川検校に至るまでに,増補・整理された。とくに柳川が〈カタバチ(片撥)〉(撥を弦にあてて胴皮におろす普通の弾き方とスクイ撥が交互になるモロバチが本手には用いられたが,これに対して普通の弾き方のみが連続する)の奏法によって新作したものを〈破(端・葉)手(はで)〉と称してから,それ以前のものを,狭義の〈本手組〉(表組)と称した。…

【三味線組歌】より

… 盲人音楽家の間に,芸術的伝承曲として伝えられるにいたって,さまざまな増補・編曲が行われるようになった。京都において,その伝承体系を確立させたのは柳川検校であって,みずから破手組その他の楽曲の作曲も行い,それ以前の古曲のみを本手組と称した。柳川の体系づけたものは,その後の伝承において,柳川流と称せられ,その詞章は《松の葉》(1703)に収録された。…

※「柳川検校」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

柳川検校の関連キーワード阿形但秀園基音宮後朝貞八木守直池田長賢弘尊政島検校柳川流岡本文弥石黒政常(初代)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone