コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫黄三五 イオウサンジュウゴ

デジタル大辞泉の解説

いおう‐さんじゅうご〔いわうサンジフゴ〕【硫黄三五】

硫黄放射性同位体の一つ。半減期は87.4日。ベータ崩壊し、最終的に安定元素の塩素35に変化する。ベータ線のエネルギーが弱いため、生体内の代謝などを調べる際、この化合物が放射性指示薬として広く利用される。記号35S

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android