硬化粘土岩(読み)こうかねんどがん(英語表記)skleropelite

岩石学辞典の解説

硬化粘土岩

(1) 粘土質かそれに関連する岩石が低度の変成作用で硬化したもの.この岩石は頁岩よりも緻密で塊状であり,劈開がないことがスレートと異なる[Salomon : 1915].(2) 深海の堆積物(hypabyssites)の分類の一つで,珪藻軟泥(diatom ooze)を含まない珪質頁岩を含む[Steinmann : 1925].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android