硬実(読み)こうじつ(英語表記)hard seed

世界大百科事典 第2版の解説

こうじつ【硬実 hard seed】

成熟した種子で,しかも外的条件が発芽に好適でありながら,種皮が硬く水分を通過させないため発芽できない性質をもつ種子をいう。硬粒,不透性種子ともいう。休眠種子の一種である。ダイズ,インゲン,アカクローバー,レンゲソウアルファルファなどマメ科植物の,とくに小型種子で生ずることが多い。硬実は遺伝によって引き起こされる場合が多い。組織的には種皮の構造,ケイ酸含量の増加などがあげられる。環境もまた硬実の誘因となり,乾燥地または乾燥時に生産された種子は,湿潤地または湿潤時に生産された種子に比べ硬実になりやすい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android