コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

碁檀越妻 ごの だんおつの つま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

碁檀越妻 ごの-だんおつの-つま

?-? 奈良時代の女性。
夫の檀越が伊勢(いせ)(三重県)におもむいたとき,家でよんだ和歌1首が「万葉集」におさめられている。
【格言など】神風の伊勢の浜荻折り伏せて旅宿(ね)やすらむ荒き浜辺に(「万葉集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

碁檀越妻の関連キーワード奈良時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android