旅宿(読み)りょしゅく

精選版 日本国語大辞典「旅宿」の解説

りょ‐しゅく【旅宿】

〘名〙 旅行先で泊まること。旅のやどり。また、その宿。やどや。旅館旅寓
※菅家文草(900頃)五・送春「若便韶光知我意、今宵旅宿在詩家
※太平記(14C後)三八「久く此江南の市の上(ほと)りに旅宿(リョシュク)して、僅に三人の男子を儲たり」 〔白居易‐秋霖中過尹縦之仙遊山居詩〕

たび‐やどり【旅宿】

〘名〙 家を離れて他所でとまること。旅行地での宿泊。また、そのとまる所。旅館。たびやど。たびのやどり。
万葉(8C後)一・四五「玉かぎる 夕さりくれば み雪降る 阿騎の大野に 旗薄 小竹(しの)を押しなべ 草枕 多日夜取(タひヤどり)せす 古(いにしへ)思ひて」

たび‐やど【旅宿】

〘名〙 旅さきの宿泊所。旅行地の宿舎。たびやどり。たびや。たびやかた。
※百丈清規抄(1462)三「常住物は大事の事ぢゃを、我は暫時こそいうすれと云て、たひやとのやうにするぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android