コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

檀越 ダンオチ

デジタル大辞泉の解説

だんおち〔ダンヲチ〕【×越】

だんおつ

だんおつ〔ダンヲツ〕【×越】

《〈梵〉dāna-patiの音写。施主の意》寺や僧に布施をする信者。檀那。檀家。だんおち。

だんのつ〔ダンヲツ〕【×越】

だんおつ」の連声(れんじょう)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

檀越【だんおつ】

サンスクリットのダーナパティの音写。施主と訳す。僧尼に衣食などを布施する信者。日本では鎌倉時代以後,檀越の転訛(てんか)と略語として,檀那・檀家・檀中・檀徒などといい,信徒の所属する寺院を檀那寺と呼び,世襲的に寺院経済の維持を行った。
→関連項目檀那

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だんおつ【檀越】

〈だんのつ〉とも読む。サンスクリットのダーナパティdānapatiの音写で,施主のことである。檀那(旦那)(だんな)と同意語として混用される。僧に帰依し衣・食・住に関する物資を施入する信者や,寺の開基となったり,また寺の経営を支える檀信徒など,仏教を後援する人をいう。禅宗では檀那拈香(ねんこう)と称して香を拈じてたき,寺の開基となった檀越を供養し,また檀那諷経(ふぎん)と称して檀越の繁栄を祈禱し,祖先の追善供養を目的とする読経が行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

だんえつ【檀越】

だんおつ(檀越) 」に同じ。

だんおち【檀越】

だんおつ(檀越) 」に同じ。

だんおつ【檀越】

dāna-pati 与える人の意〕
〘仏〙 寺院や僧に金品を贈与する信者。施主。檀家。檀那だんな。だんおち。だんえつ。だんのつ。

だんのつ【檀越】

「だんおつ(檀越)」の連声。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の檀越の言及

【氏寺】より

… 奈良時代における国家仏教の成立という発展過程に占めた氏寺の位置は,はなはだ大きいといわねばならない。氏族は氏寺を祈願所とし,寺院経営維持のために,寺領や資財などを寄進し,有力者が檀越(だんおつ)として運営に当たったが,檀越の中には往々にして,寺田を私有化し,資財を横領したり,また,王臣貴族に寺を寄進し,王臣家などは代々相承してきた檀越を追放するという現象が,9世紀ころから生じてきた。こうして氏寺は氏族の興亡盛衰に左右されて,有力な大寺の末寺と化するようになっていく。…

【檀那】より

…梵語と漢語を合わせて檀施とも記す。また布施する人を意味する檀越dāna‐patiと混用され,寺院や僧尼に衣食住を施与する信者を,僧の方から檀那,檀越(だんおつ)という。中国には檀家制度がなく,寺院が特定の檀越に支えられることは少なかったが,貴族豪民には一家の菩提寺を建てて,寺院に与えられた特権を横取りしたり,寺院の質庫に財産を寄託して殖産をはかるものもあった。…

【檀越】より

…僧に帰依し衣・食・住に関する物資を施入する信者や,寺の開基となったり,また寺の経営を支える檀信徒など,仏教を後援する人をいう。禅宗では檀那拈香(ねんこう)と称して香を拈じてたき,寺の開基となった檀越を供養し,また檀那諷経(ふぎん)と称して檀越の繁栄を祈禱し,祖先の追善供養を目的とする読経が行われる。日本における檀越の語は,749年(天平勝宝1)の〈聖武天皇詔書銅板〉に,〈代代国王,為我寺檀越〉とあるのがはやい例である。…

※「檀越」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

檀越の関連情報