確定決算主義(読み)かくていけっさんしゅぎ

会計用語キーワード辞典の解説

確定決算主義

法人税法における収益・費用、損失について法人の意思表示を重要視し、法人に課税所得の計算を行わせる考え方。ただし、一度確定した会計処理で所得計算を行った場合、法人税申告時に変更はできない。確定決算主義には次の3つがある。1.内部取引  2.収益の認識基準  3.特定の外部取引

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android