確説(読み)かくせつ

精選版 日本国語大辞典「確説」の解説

かく‐せつ【確説】

〘名〙 確実な根拠がある、たしかな。確固とした意見。〔布令必用新撰字引(1869)〕
学問のすゝめ(1872‐76)〈福沢諭吉〉一五「後世博識家の確説を待つのみ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「確説」の解説

かく‐せつ【確説】

たしかな説。根拠のある説。
「書毎に異同あるをもていずれを―とするを知らず」〈染崎延房・近世紀聞〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android