コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯等 いそら

世界大百科事典 第2版の解説

いそら【磯等】

御神楽(みかぐら)に歌う神楽歌の曲名。《磯等前(いそらがさき)》《磯良崎》ともいう。現在は神嘗祭にだけ用いられる。平安末期書写の《鍋島本神楽歌》に貞観年間(859‐877)神楽歌に撰定されたとの注記がある。現行の歌詞は,〈本(もと) 磯等が崎に 鯛釣る海人も 鯛釣る 末(すえ) 我妹子(わぎもこ)が為と 鯛釣る海人も 鯛釣る〉。磯等が崎(伊勢)の名は湯立歌(ゆだてうた)にも見え,海底の神安曇磯良(あずみのいそら)と関係があるかといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の磯等の言及

【御神楽】より

…宮中で行われる新嘗祭,鎮魂祭などには,前記神楽歌一具以外の神楽歌が歌われるので,以下に曲名を記す。(1)神嘗祭用神楽歌 《幣(みてぐら)》(採物),《志都也(しずや)》《磯等(いそら)》(以上小前張)。(2)鎮魂祭用神楽歌 《天地(あめつち)に》《神分(かみわか)も》《清(きゆ)らならば》。…

※「磯等」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

磯等の関連キーワード御神楽前張

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android