コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安曇磯良 あずみの いそら

3件 の用語解説(安曇磯良の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安曇磯良 あずみの-いそら

伝承にあらわれる古代の精霊。
貝や藻や虫がとりついた容貌をしている。中世以降の話に登場し,「太平記」によれば,神功(じんぐう)皇后が三韓に出兵する際,竜宮に使いとしていき潮の干満を左右する干珠(かんじゅ),満珠(まんじゅ)の宝をもちかえったという。海人(あま)を統率した安曇氏の祖とされる。阿度部(あとべの)磯良ともいう。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

安曇磯良

古代の海の精霊。石清水八幡宮(八幡市)の霊験記『八幡愚童訓』(鎌倉時代末期に成立)に「安曇磯良と申す志賀島大明神」とある。「志賀島大明神」とは九州志賀島の志賀海神社(福岡市)の祭神。この神社は古代に海人族を率いた豪族安曇氏が祭っていた。イソラの出現の様は『太平記』巻39に「阿度部の磯良」の名で語られている。それによれば,神功皇后が新羅を攻めたとき諸神を招いたが,イソラだけは醜い容貌を恥じて応じなかったため,諸神が歌舞を奏して誘い出した。やがて海底の竜宮城から潮の干満の霊力を持つ秘宝(干珠,満珠)を借り請けて献上し,皇后は新羅を討つことに成功したという。宮廷神楽に「阿知女作法」とあるアチメは「安曇」あるいは「阿度部」を指し,古代芸能の偶像であった。<参考文献>折口信夫『日本芸能史』

(西條勉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あずみのいそら【安曇磯良】

中世以降の伝承に現れる古代の精霊。阿度部(あとべの)磯良ともいう。《太平記》巻三十九によれば,神功皇后が三韓に征するさい天神地祇を常陸の鹿島に招き軍評定を行ったが,ひとり海底に住む阿度部磯良のみが不参であった。諸神が神遊(かみあそび)の庭をもうけ〈風俗・催馬楽(さいばら)〉を歌わせたところ,磯良は感にたえかねて現れ出たが,容姿は貝や虫のとりつく醜い様を示しており,それを恥じて召請に応じなかったのだという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の安曇磯良の言及

【磯等】より

…現行の歌詞は,〈本(もと) 磯等が崎に 鯛釣る海人も 鯛釣る 末(すえ) 我妹子(わぎもこ)が為と 鯛釣る海人も 鯛釣る〉。磯等が崎(伊勢)の名は湯立歌(ゆだてうた)にも見え,海底の神安曇磯良(あずみのいそら)と関係があるかといわれる。御神楽【石田 百合子】。…

※「安曇磯良」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone