コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

礼す ライス

デジタル大辞泉の解説

らい・す【礼す】

[動サ変]礼拝する。敬礼する。
「先づ我が師の婆羅門を―・して」〈今昔・一・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

らいす【礼す】

( 動サ変 )
敬いおがむ。礼拝する。 「我れ、太子を-・し奉るべし/今昔 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

礼すの関連キーワードアダムズ・ピーク[山]南無喝ら怛那とら夜耶南無妙法蓮華経沙門不敬王者論西国三十三所柩前日供の儀南無阿弥陀仏仏跡巡拝南無三宝一柳末昆御免蒙る宮中祭祀西国巡礼向き合う平等院小野藩地蔵盆ハッジ額突く婆羅門

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android