コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会=経済的地位尺度 しゃかい=けいざいてきちいしゃくど socio-economic status scale

1件 の用語解説(社会=経済的地位尺度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会=経済的地位尺度
しゃかい=けいざいてきちいしゃくど
socio-economic status scale

生活水準ないし生活程度を調査する方法の一つで,F.S.チェーピン,A.リーイの都市,W.H.シューエルの農村家族に関する尺度が有名である。チェーピンは社会=経済的地位を「個人あるいは家庭が,文化的調度,有効所得,物質的調度ならびにコミュニティー (→地域社会 ) の集団活動への参与の,普通の平均的標準からみて占める位置」と定義し,これらの成分のおのおのを測定する尺度をつくった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

社会=経済的地位尺度の関連キーワード生活水準生活水準論争底上げ民度横断研究食生活状況調査食物摂取頻度調査法生活時間調査法24時間思い出し法規範的生活水準

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone