コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延べ ノベ

2件 の用語解説(延べの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

のべ【延べ】

ひらたく延ばされたもの。特に、延べ金・延べ銀をいう。「延べの指環」
同一のものがいくつ重複しても、それぞれ一つとして数え合計すること。「延べにすると週に一〇〇人の動員になる」「延べ二〇〇平方メートルの床面積」「延べ千時間に及ぶフライト」
期日・期間を延ばすこと。「日延べ
延べ取引」の略。
延べ紙」の略。
「―の鼻紙ひざ近く置きて」〈浮・一代女・一〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

のべ【延べ】

〔動詞「のべる(延)」の連用形から〕
のばすこと。のばしたもの。 「銀の-のキセル」
同一のものが何回も含まれていてもそれぞれを一回として数え、総計すること。接頭語的にも用いる。 「三人がかりで五日かかるから-では一五人分の仕事だ」 「東京と大阪で-二〇〇回上演」 「 -日数」 「 -坪」 「 -語数」
延期すること。日限を先へ延ばすこと。 「日-」
「延べ紙」の略。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

延べの関連情報