延べ(読み)ノベ

デジタル大辞泉 「延べ」の意味・読み・例文・類語

のべ【延べ】

ひらたく延ばされたもの。特に、延べ金・延べ銀をいう。「延べの指環」
同一のものがいくつ重複しても、それぞれ一つとして数え合計すること。「延べにすると週に一〇〇人の動員になる」「延べ二〇〇平方メートルの床面積」「延べ千時間に及ぶフライト
期日・期間を延ばすこと。「日延べ
延べ取引」の略。
延べ紙」の略。
「―の鼻紙ひざ近く置きて」〈浮・一代女・一〉
[類語]合計総計集計合算総和小計累計通算通計積算推計トータル締め

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

閏日

太陽暦では,1太陽年が 365.2422日にあたるため,平年を 365日とし,400年に 97回閏日をおいて補正する必要がある。最初の一応完全な太陽暦は,前 46年,ユリウス・カエサルがアレクサンドリ...

閏日の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android