コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会主義競争 しゃかいしゅぎきょうそうsocialistic competition

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会主義競争
しゃかいしゅぎきょうそう
socialistic competition

勤労者の最大限積極性に基づく,一定の生産目標についての社会主義固有の競争。これは労働生産性を高め,生産を改善し,社会主義的生産様式を実現するために,個人,職場,産業部門などさまざまな場面で行われるもので,社会主義建設に重要な役割を果すとされている。旧ソ連の第1次,第2次五ヵ年計画完遂のための重要な要因となったのもこの競争である。その起源は,1919年5月モスクワの共産党員によって提唱された,いわゆる「共産主義的土曜労働」にある。これに示された労働者創意献身は,のちのスタハノフ運動に受継がれてゆき,国民経済全体に及ぶものとなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

社会主義競争の関連キーワード勤労者

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

社会主義競争の関連情報