コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会保険委員 しゃかいほけんいいん

1件 の用語解説(社会保険委員の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会保険委員
しゃかいほけんいいん

健康保険,厚生年金保険船員保険など,社会保険適用事業所において社会保険事務を担当する者。社会保険制度に精通し,被保険者事務所との仲立ちをする。事業主が推薦し,社会保険事務所が行なう研修などに参加したうえで,社会保険庁長官の委嘱によってその任につく。社会保険に関する指導,相談,社会保険制度にかかわる広報資料の作成・配付,各種保健活動や社会保険事業の推進のために必要な業務を担う。被保険者が 10人以上 300人未満の事業所には 1人,300人以上の事業所には 2人が設置される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

社会保険委員の関連情報