コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幸田文 こうだあや

6件 の用語解説(幸田文の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幸田文
こうだあや

[生]1904.9.1. 東京
[没]1990.10.31. 東京
小説家,随筆家。幸田露伴の次女。 1922年女子学院卒業。 28年結婚したが 38年1女を連れて離婚,以後父露伴が没するまでそのかたわらにあって家政を担当した。父の死んだ 47年追憶の記『雑記』『終焉』『葬送の記』を書いて清新直截な文体が認められ,『みそっかす』 (1949) ,『こんなこと』 (50) などの随筆を経て,小説『流れる』 (55) を執筆,57年日本芸術院賞受賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうだ‐あや〔カウだ‐〕【幸田文】

[1904~1990]小説家・随筆家。東京の生まれ。露伴の次女。随筆「終焉」、小説「流れる」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

幸田文【こうだあや】

小説家,随筆家。幸田露伴の次女。女子学院卒。24歳で結婚するも,1938年離婚して,父の元に帰る。1947年の露伴の死までその身辺の世話をする。《雑記》《終焉》(1947年)などの露伴に関する随筆で文名を上げる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

幸田文 こうだ-あや

1904-1990 昭和時代後期の小説家。
明治37年9月1日生まれ。幸田露伴(ろはん)の次女。昭和13年離婚し,娘の玉子(青木玉)とともに父のもとにかえる。22年父の死をえがいた随筆「終焉(しゅうえん)」「葬送の記」で注目される。のち小説に転じ,30年「流れる」で新潮社文学賞,31年「黒い裾(すそ)」で読売文学賞。32年芸術院賞。江戸前の歯切れのよい文体で知られた。51年芸術院会員。平成2年10月31日死去。86歳。東京出身。女子学院卒。作品はほかに「おとうと」「闘(とう)」「木」など。
【格言など】理解を許さない顔をもっている父なんていうものは,いいなあ,実にいい親だ(「あとみよそわか」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

こうだあや【幸田文】

1904~1990) 小説家・随筆家。東京生まれ。露伴の次女。女子学院卒。「終焉」など父を語る随筆で注目され、みずみずしい感覚の張りのある文体で下町の女などを描く。作品「ちぎれ雲」「流れる」「おとうと」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

幸田文
こうだあや
(1904―1990)

随筆家、小説家。父は明治の文豪幸田露伴(ろはん)。東京向島(むこうじま)に生まれる。母および姉弟を早くに失い、幼いときから父露伴に家事や身辺のことで厳しくしつけられる。24歳で酒問屋へ嫁ぎ、店の再興に力を尽くすが、10年を経て離婚。以後、露伴没するまで、その身辺で世話をする。1947年(昭和22)『芸林間歩』露伴特集号に『雑記』を載せ、注目される。同年7月露伴死去に伴い、『終焉(しゅうえん)』『葬送の記』(ともに1947)を書いて文壇に登場。『流れる』(1955)で新潮社文学賞・芸術院賞を、『黒い裾(すそ)』(1955)で読売文学賞をそれぞれ受賞。前者は自らの体験を基にしたもので、教養ある中年の女中梨花(りか)の眼(め)を通して、傾いていく芸者置屋の半年の流れを描いた秀作である。ほかに『おとうと』(1956~57)、『闘(とう)』(1965。女流文学賞受賞)などがあり、また露伴に関する書も多い。[岡 宣子]
『『幸田文全集』全7巻(1958~59・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の幸田文の言及

【おとうと】より

…《プーサン》(1953)をはじめとする一連の風刺コメディから,1950年代後半《ビルマの竪琴》《炎上》《鍵》《野火》といった文学作品の映画化に進んだ市川崑(1915‐ )監督の円熟期の代表作。原作は幸田文(1904‐90)の同名の自伝的小説で,これを水木洋子が脚色した。時は大正の末,原作者の父の幸田露伴を連想させる作家(森雅之)と,その後妻で,リウマチで足が不自由なクリスチャンの継母(田中絹代が好演)の,冷えびえとした家庭で,きっぱりと生きる姉(岸恵子)とぐれぎみの弟(川口浩)とが,絶えまない口げんかという形でお互いへのいたわりを示す。…

※「幸田文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

幸田文の関連キーワード梶山季之仁木悦子藤原審爾山田克郎川上宗薫折目博子小林美代子咲村観寺崎浩野沢純

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

幸田文の関連情報