コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奇蹟 きせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奇蹟
きせき

同人雑誌。 1912年9月~13年5月。9冊。早稲田大学文科出身の舟木重雄広津和郎谷崎精二,光田穆,葛西善蔵 (聴講生) ,相馬泰三らの集った同人誌。自然主義の影響を強く受け,実人生即芸術の信条を徹底して,大正期私小説の成立に大きな役割を演じた作家たちの揺籃となった。舟木の『馬車』,広津の『握手』,葛西の『哀しき父』などが掲載された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奇蹟
きせき

文芸雑誌。1912年(大正1)9月から13年5月まで全9冊発行。舟木重雄、光用穆(みつもちきよし)、相馬泰三(そうまたいぞう)、広津和郎(かずお)ら早稲田(わせだ)大学出身者を中心とする同人誌。葛西善蔵(かさいぜんぞう)、峰岸幸作らが創刊に加わり、谷崎精二らがのちに参加。小林徳三郎、真田久吉、川上邦世、山脇信徳(やまわきしんとく)、九里四郎らの画家、彫刻家も名を連ねている。「外部現実よりも寧(むし)ろ心理の現実を」(谷崎)という共通志向が認められるが、社会から閉ざされた場での自己確認とその枠内での個性発揮という二律背反を克服しえぬままの感覚的な自己把握に、特徴的な傾向がみられる。文学史上の所産としては、創刊号に載った葛西の『哀しき父』などがあげられる。日本近代文学館より復刻(1970)。[榎本隆司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

奇蹟の関連キーワードグルジアの多声合唱(ポリフォニー)J. ハラシモビッチバート レイノルズフジコ ヘミングハラシモビッチ34丁目の奇跡ヴィース教会小林 徳三郎サバティーニシュミーデル真田 久吉榊原 晃三川上 邦世大庭さち子奈良岡朋子デ・シーカデ・シーカ舟木 重雄峰岸 幸作守山クリス

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奇蹟の関連情報