コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会機構 しゃかいきこうsocial mechanism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会機構
しゃかいきこう
social mechanism

個人ないし集団,組織がうちにもつところの一定の目的のために社会的行為を営むことができるように手段化され,制度化された仕組み。成員を規制する社会統制のメカニズムや成員に役割を内在化させる社会化のメカニズムが含まれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

社会機構の関連キーワード未開社会における犯罪と慣習M. アントノヴィチアリ・ソルギルスソンネオピカレスクノベルモクテスマ[1世]プログレシビズムデュレンマット社会有機体説大下 宇陀児イタリア文学カーニバル発達社会学フリーチェホーナイユダヤ人女性問題佐藤雅美内田吐夢社会制度機械時代

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

社会機構の関連情報