コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会統制 しゃかいとうせい social control

3件 の用語解説(社会統制の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会統制
しゃかいとうせい
social control

社会が秩序を維持し,その存続をはかるために,集団の成員の思考感情行動に対して一定の拘束を加える作用。あるいは端的に,成員に社会的同調を強いる作用といってもよい。その手続としては,たとえば,権力を基礎とした行政作用から腕力による統制にいたるまで,多くのものを数えることができ,その種類は雑多で,おもなものとしては宗教,道徳,法律,政治,芸術,認識,教育などがあげられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しゃかいとうせい【社会統制 social control】

もとはアメリカ社会学の専門用語であったが,その後広く一般にも定着した。社会や集団がその構成メンバーの同調ないし服従を確保するためにとるあらゆる手段と作用過程の全体を指す。統制という語感から,禁止,処罰,非難などの制裁をともなった消極的社会統制だけを連想しがちであるが,社会科学では,むしろ報賞,表彰など奨励策や命令など積極的社会統制も含めて考える。どんな社会や集団も,賞罰を操作して,各成員が期待にかなった役割を遂行するように促しているからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

社会統制
しゃかいとうせい
social control

社会やその内部の集団が、構成メンバーの同調ないし服従を確保するためにとるあらゆる手段および作用過程の全体をさす。初めアメリカ社会学で用いられ、その後広く一般にも定着した概念。
 どんな社会あるいはどんな集団をとってみても、秩序が維持されるためには、各成員がおのおの自分に期待されている役割にふさわしく行動する必要がある。そのため、社会ないし集団は、期待に背いた行動は処罰して再発を防止し、期待にかなった行動は報賞してこれをさらに促すのである。一般には、禁止、処罰、非難といった「負の制裁」が行使される側面(消極的社会統制)だけを考えがちであるが、社会科学では、命令、報賞、表彰など「正の制裁」を用いた奨励策(積極的社会統制)も含めて社会統制とよぶのが普通である。したがって、その範囲はきわめて広く、具体的な統制のあり方も、統制手段や統制機関の違いによってさまざまである。物理的な強制力に依存する刑罰から、より心理的な手段に訴える説得ないし教育、それに宣伝までが含まれる。また、法的統制や経済統制のように、公的に制度化された機関が行う計画的で特定化されたものもあれば、非公式な小集団や世論ないし慣習が担当するもっと自然発生的で拡散的な統制形態もある。
 歴史的にみれば、統制する側とされる側が厳然と区別されているような古い統制形態から、この区別が不明瞭(ふめいりょう)になり、むしろ相互監視とよんだほうがいいような新しい形態に変化してきた。統制する身分と、される身分とが昔のようにはっきり分かれていないのが現代の特徴だといってもいい。家庭の両親、学校の教師、それに国家における司法官や警察官、いずれをとっても絶対的な統制主体(エージェント)ではない。むしろ、子供や生徒、それに一般国民によってそれぞれ統制され監視されている人たちでもある。互いが互いを映しあい、統制しあい、そして監視しあっているようなこの状態を、D・リースマンは「成員のだれもが陪審員であるとともに被告でもある」と表現している。恣意(しい)的な暴力行使を背景にした統制、あるいは強固な慣習に依存した共同体的規制、いずれもいまでは力を弱めている。しかし、そのことで全体社会の統制能力が落ちているかといえば、かならずしもそうとはいえない。まず福祉制度の拡充によって、罰による抑圧より、賞による操作が可能になっている。力による強制より、成員の自発性に基づくいわば自主規制を促すほうがはるかに能率的である。ついで、情報科学の驚異的進歩によって、どの社会どの集団も人間管理能力を高めている。けっして華々しくはないが、そのかわり、はるかに微に入り細にわたった管理が、国民総背番号制といった形で可能になろうとしている。M・フーコーは、だれもが「可視性」を押し付けられようとしているのだと述べている。
 最後に、世論という匿名の権威がかつての共同体的規制を肩代りし、すでに述べたように、一方的統制というよりむしろ双方的な相互監視を広く行き渡らせることができる。総じて、暴力を背景にした権威主義的な統制が、成員の外面的服従をしか確保できなかったのに対して、現代の統制は、説得、宣伝、教育など、心理的な誘因操作によって人々をその内面から把握し、管理することに成功している。[大村英昭]
『E・デュルケーム著、田原音和訳『現代社会学大系2 社会分業論』(1971・青木書店) ▽M・フーコー著、田村俶訳『監獄の誕生――監視と処罰』(1977・新潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

社会統制の関連キーワードオグバーンズナニエツキミルズアメリカ社会党アメリカンアメリカ アメリカアメリカン・コモンウェルスアフロ・アメリカ社会アメリカ社会民主党ヨーロッパ的アメリカ社会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

社会統制の関連情報