コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内在化 ないざいかinternalization

翻訳|internalization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内在化
ないざいか
internalization

心理学用語。内面化ともいう。心ないしパーソナリティの内部に,種々の習慣や考え,他人や社会の規準,価値などを取入れて自己のものとすること。十分に内在化 (内面化) されたものは,もはやほかから受入れたものとして感じられなくなる。子供は発達の過程で,両親や周囲の人々ないし社会の習慣,考え,規準などを内在化し,やがてそれを自分のものとして行動する。精神分析上の超自我は両親のもつ規準の内在化したものとみることができる。 (→社会化 , 取入れ )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

内在化の関連キーワードインドクトリネーション北海道旧土人保護法模倣(文学・芸術)一般化された他者プログラム学習文化心理学言語教育学社会的役割針生一郎日本思想逸脱行動帰属意識社会統合中国哲学社会機構間主観性罪の文化社会規範近代主義自然法

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内在化の関連情報