社会的責任[企業](読み)しゃかいてきせきにん[きぎょう]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会的責任[企業]
しゃかいてきせきにん[きぎょう]

現代の企業は地域社会や国家に対してのみならず,地球社会の一員としての義務と責任を負う必要がある。日本企業は 1960年代から高まった反公害の社会的ムーブメントへの対応を迫られたが,80年代には対米貿易摩擦や開発途上国環境破壊に対する批判にさらされ,90年代に入るといわゆるバブル経済を引起した責任も追及されるに至った。企業の社会におけるプレゼンスが以前とは比較にならないほど増大した現在,利益至上主義を捨て社会に貢献する企業像が求められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android