コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社内金利制度 しゃないきんりせいど

1件 の用語解説(社内金利制度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社内金利制度
しゃないきんりせいど

経営管理役立てるために,企業の各事業部あるいは各部門の使用資本に対して一定の計算上の利子を負担させる制度をいう。社内金利としては,(1) 本部費をカバーする程度の率,(2) 借入金利子率,(3) 最低配当率を確保しうる率,(4) 資本コストなどが考えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

社内金利制度の関連キーワードKPI業績評価業績単位社内金利社内資本金制度社内振替価格本社共通費業績評価単位販売員業績評価KPI(重要業績達成指標)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone