コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社員配当金

保険基礎用語集の解説

社員配当金

有配当保険などの場合、社員配当によって契約者に支払われる配当金を指します。生命保険においては、配当金は事業年度末に経過1年を超える有効契約に対して割当てられます。通常、配当金の支払は割当てられた決算日以後の契約応当日に有効に継続している契約に対して行われます。配当金は保険種類、被保険者の性別、加入年齢、加入後の年数、保険期間など、剰余金を生出す度合に応じて個々の契約に対して公平に割当てられます。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

社員配当金の関連キーワード積立型損害保険社員配当準備金

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android