コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祐天仙之助 ゆうてん せんのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

祐天仙之助 ゆうてん-せんのすけ

?-1863 幕末の博徒。
甲斐(かい)(山梨県)の大親分で岡っ引きもつとめた。文久3年幕府の浪士組にはいり,名を山本仙之助とあらため,新徴組八番組小頭となる。同じ隊士の大村達尾に親の敵(かたき)として同年10月15日討たれた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

祐天仙之助の関連キーワード幕末博徒

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android