コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祓所神 はらえどのかみ

朝日日本歴史人物事典の解説

祓所神

祓のことを掌る神。祓は罪や穢れを除き払う儀礼で,大祓の祝詞に登場する瀬織つひめ,速開つひめ,気吹戸主,速さすらひめの4神を指す。大祓によって,人々の犯した罪は,人形や木綿などの祓具に移されて川から海に流されるが,その祓具は,まず瀬織つひめが川の瀬で受け取り海原まで運び,次に海原の潮路にいる速開つひめが,それを呑み込んで気吹戸主に渡し,そして,気吹戸主が根の国に送り遣ると,根の国にいる速さすらひめが海の底に捨て去るという。平安時代には宮中でこの大祓が盛んに行われ,『紫式部集』にも「はらへとの神の飾りのみてぐらにうたてもまがふ耳はさみかな」と歌われたりしている。

(西條勉)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android