コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祓詞 はらえことば

大辞林 第三版の解説

はらえことば【祓詞】

祓のとき、中臣なかとみまたは神官の読み上げる祝詞。はらえのことば。
平安時代、6月・12月の大祓のとき、東西の史部ふびとべが祓の刀たちを奉り、読み上げる祝詞。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

祓詞の関連キーワード浅間信仰(せんげんしんこう)天津罪・国津罪天津罪・国津罪速秋津比売神中臣祓訓解清祓いの儀中尾義稲石清水祭藤井高尚平安時代上田百樹百座の祓川北丹霊千度祓中臣祓国津罪天津罪祝詞大祓大麻

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android