コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祖渓徳濬 そけい とくえい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

祖渓徳濬 そけい-とくえい

?-? 室町時代の僧。
臨済(りんざい)宗。京都建仁(けんにん)寺光沢庵の喜足に師事する。延徳元年(1489)駿河(静岡県)清見寺の住持となり,のち京都真如寺の住持。天隠竜沢(てんいん-りゅうたく)に詩文をまなび五山文学者として知られた。阿波(徳島県)出身。俗姓は一宮。別号に水拙,鶴峰。著作に「水拙集」「水拙手簡」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例