天隠竜沢(読み)てんいん りゅうたく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天隠竜沢 てんいん-りゅうたく

1422-1500 室町-戦国時代の僧。
応永29年生まれ。臨済(りんざい)宗。京都建仁寺の宝洲宗衆らに師事。天柱竜済の法をつぐ。真如寺,建仁寺,南禅寺住持赤松政則の帰依(きえ)をうけ,三条西実隆ともしたしかった。詩集に「黙雲詩藁」,編著に「錦繍段(きんしゅうだん)」など。明応9年9月23日死去。79歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。別号に黙雲。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android